ブログアーカイブ

食事と栄養対策(4) COVID-19 コロナウイルス結合部位3CLproを阻害する食品

Hilgenfeld R (2014)FEBS J.  281(18):4085-96 

From SARS to MERS: crystallographic studies on coronaviral proteases enable antiviral drug design.

 2002-2003年のSARS コロナウイルス、 10年後のMERSと、 コロナウイルスの起源やSARS コロナウイルスの結晶構造の研究の結果、その阻害部位が明らかになった、SARS コロナウイルス やMERS コロナウイルス、コウモリコロナウイルス M(pro)の予測構造に基づく3C-like protease の阻害剤開発は、人への人獣共通ウイルス感染に対する準備能力を高めることになる。

 ヒトコロナウイルス(HCov)はヒトや動物の上気道疾患の原因であり、コロナウイルス、エボラウイルス、HIVウイルス、インフルエンザAウイルス、ハンタウイルス、ニパウイルスなどの人獣共通感染ウイルスは世界的流行が可能で重要なヒト病原体として、これまで様々な観測が行われたその成果として、コウモリHKU4-CovからヒトMERS-Covへの進化経路が存在することがわかってきた、これまでの成果の上に、ヒトコロナウイルスのサブマイクロMol濃度の阻害剤を研究している(St John SE 2015)。

 コロナウイルス(新コロナウイルス(COVID-19)を含む)のライフサイクルに不可欠な機能である3CLproが抗ウイルス阻害の標的になる(Anand 2003 Science)。既存承認薬の中にも3CLpro阻害剤シナンセリン(Cinanserin;抗うつ剤)はウイルスRNAや感染粒子のヒトコロナウイルス(HCov-0229E)を4logオーダーで抑制する(Chen L 2005)ものがある。

 NIHではSARSコロナウイルス感染がホスト細胞での複製増殖3CLpro結合を阻害するかを720成分を調べたところ。紅茶成分テアフラビン3-3′-デガレート(TF3)が16μMで80%阻害を示した、タンニン酸はIC50は3μM、TF2BはIC50が7μMであつた(Chia-Nan C. 2005)。紅茶のTF3にはコロナウイルス増殖阻害標的3CLproプロティアーゼに結合を阻害してウイルスの増殖阻害効果が720品目中最大とわかった。

 

ミルクを入れずに紅茶を飲んで(ミルクを入れて紅茶習慣のあるイギリスでは紅茶をミルクを入れずに飲む国の比較ではミルクを入れて飲む習慣の国では死亡リスクは下がりません) 新コロナウイルスを防ぐ可能性が出てきたことは良い二ユースです、TF3は紅茶でも赤色が鮮明な品種が良いかも・・。

・・つづく

 

 

 

 

履歴

投稿   2020年2月13日

 

 

 

 

 


食事と栄養対策(3) -ACE2が受容体である武漢肺炎(2019-nCov) #coronaviras

2019-nCov (コロナウイルス)のAEC2が受容体と特定されました。

Wan Y (2020) Jan 29 J Virol . pii: JVI.00127-20. doi: 10.1128/JVI.00127-20. Receptor recognition by novel coronavirus from Wuhan: An analysis based on decade-long structural studies of SARS.

SARS -CoV の受容体認識に関する2002年のSARS -CoVの発生以来、10年の研究から、SARS -CoVスパイクタンパク質とその宿主受容体アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の間の重要な相互作用が特定された
 
分析
1) ACE2に直接接触する受容体結合モチーフ(RBM)を含む2019-nCoV RBDの配列は、SARS -CoVの配列と類似しており、2019-nCoVが受容体としてACE2を使用することを強く示唆する。
2) 2019-nCoV RBM(特にGln493)は、ヒトACE2との良好な相互作用を提供できることは、2019-nCoVのヒト細胞感染能力と一致する。
3) 2019-nCoV RBM(特にAsn501)は、ヒトACE2の結合と互換性がありますが理想的でない、これが2019-nCoVが人から人への感染の能力を獲得した理由
4) 系統解析から2019-nCoVのコウモリ起源が示されているが、2019-nCoV は動物種(マウスやラットを除く)のACE2も潜在的に認識し、これら動物種は2019-nCoV感染の中間宿主か動物モデルの可能性があることを示唆している。
 
これらの分析から、2019-nCoVの受容体(ACE2)の使用、細胞侵入、宿主細胞の感染性、動物起源の洞察を提供し、2019-nCoVに対する流行の監視と感染の予防措置に役立つ可能性があります。

 

ACE2 の活性化は、炎症反応と酸化ストレスを阻害することにより、高酸素肺損傷の重症度を軽減できます。ACE2NF-κB経路を阻害し、Nrf2 / HO-1 / NQO1経路を活性化できます (Fang Y  2019)。昇圧分子アンジオテンシンIIを分解することにより、レニン-アンジオテンシン系を負に調整するが、ACE2がSARSウイルス受容体であると同時に急性呼吸不全の病態形成を阻止することが解明されている(久場駿司 Akita J Med)

ACE2は、アンジオテンシンIからアンジオテンシン1-9への切断、アンジオテンシンIIから血管拡張剤であるアンジオテンシン1-7への切断を触媒する。血管機能や腎機能の調節を行い、ヒトコロナウイルスSARSやHCoV-NL63のスパイク糖タンパク質との受容体です、この阻害作用が調べられている食品を積極的に食事に取り入れることは、感染の防衛に役立つ可能性があります。 例えば、茶カテキンのACE阻害と冠動脈性心疾患(CHD)死亡率のR.R.(相対リスク)はオランダ0.32、ノルウェー0.64、日本0.53(茶10杯vs以下非喫煙者)、米国1.59、英国2.3(紅茶にミルク入れる習慣)と違いが現れています(18研究)。

 

ACE阻害を示す食品など (阻害濃度 IC50) (単位μM) 

バージンオリーブオイル10μM、緑茶抽出液(EGCG)90μM、紅茶抽出液(テアフラビン)400μM、イカ(魚類)5.2μM、カツオ 5.1μM、スケソウダラ、藻類 29.7μM、ブロッコリー10.5μM、そば6.25μM     (Alcaide H. 2020など) 牛乳ラクトフェリン、にんにく、鰹節、べにふうき茶は(EGCG3”Me)のACE活性(ヒト高血圧に対する効果)は緑茶EGCGより強い阻害効果がある(Kurita 2010)。

 

 

 

ACE2喫煙仮説への言及は正しいのか?  (Zero Hedge 2020/2/12)

・・ほとんどの 科学者は2002-2003年に中国を襲った武漢コロナウイルスとSARSウイルスの両方が、ACE2受容体(「アンジオテンシン変換酵素2」の略で、肺の収縮で人体を攻撃することに同意している)。

ここが面白いところです…

サウスカロライナ大学教授は、喫煙者が非喫煙者よりも著しく高いレベルのACE2を持つことを発見している。…しかも、中国人男性肺組織のACE2はアフリス、白人に比べて最大5倍高かったことから、遺伝子的に中国人が標的になったのではないかとの見解が出てきます。しかし、年齢、性別や人種グループに基づいて統計的に有意な違いは見つかりませんでした。

 この研究では、ACE2遺伝子発現における人種、年齢、性別、喫煙状態に関連する格差を調査のため、正常な肺組織の4大規模データセットを分析した。ACE2遺伝子発現の有意な格差は、人種グループ(アジア対白人)、年齢グループ(> 60対<60)、性別グループ(男性対女性)の間で見つかりませんでした。ただし、非喫煙者サンプルと比較して、喫煙者サンプルで有意に高いACE2遺伝子発現が観察されました。これは、喫煙者が2019-nCovの影響を受けやすい可能性があることを示しているため、影響を受けやすい集団を特定し、治療計画の際に喫煙歴を考慮する必要があります

 これは喫煙が中国人男性が他の人よりもコロナウイルスに感染しやすい理由を説明するのに役立つでしょうか?

実際には、中国人はたくさんたばこを吸います。   2015年に報告されたBBC  :

中国は世界最大のたばこ消費者であり、世界で喫煙される3分の1は中国にあり、世界最大のたばこ生産者でもある。そして3億人以上-人口の約4分の1-が喫煙しており、平均的1日に22本のタバコを消費しています。

 

 中国人男性 は中国人女性よりもはるかに多く喫煙して いることがわかりました。たとえば 、2005年にギャラップは次のように報告している。

中国での喫煙は圧倒的に男性の習慣です。すべての中国人男性の少なくとも3分の2(68%)が時折喫煙しており、半分(49%)が通常の喫煙者です。対照的に、定期的に喫煙する女性(3%)、たまに喫煙する女性(3%)はわずか6%です。

中国… 2015年の世界の男性喫煙者の51.4%を占めています。

BBCノート: 

新しい研究では、現在中国で20歳未満の男性の3分の1 が喫煙をやめないと最終的に肺癌やコロナウイルス以外の病気から早期に死亡すると警告されています。

鼻と扁桃腺の陰窩から肺に至るまでの気道は、ウイルス侵入の優れたポータルです。結果として生じる肺の炎症と体液の蓄積は、呼吸困難につながる可能性があり、また二次性細菌性肺炎の病期を設定します。

そして、肺がすでに喫煙、年齢、他の感染症で損傷している場合、それらは有害な病原体の影響をはるかに受けやすくなります。慢性肺疾患と組み合わせると、2つの問題は肺機能のより急速な低下を引き起こし、急速で永久的な傷害を引き起こしやすくなります。

追記:明らかに、喫煙ACE2仮説が正確かどうかをテストするために、さらなる研究が必要です。これは、コロナウイルスが急速に広まったため、信頼できる科学者が予備的な調査結果を早急に公開するためにです。

 

 

参考)茶の機能 小国伊太郎、伊勢村護ほか 学会出版センター 2002

  Markus Hoffmann (2020) ”2019-nCov受容体とSARS-Cov受容体は同じで 、標的細胞への侵入にACE2と細胞プロティアーゼを使います。”bioRxiv

 

 

 

 

履歴

追加    2020年2月13日

投稿       2020年2月3日

 

 

 


食事と栄養対策(2)・HIVを挿入していた武漢肺炎(2019-nCov) 

特にアルコールベースの手指消毒剤は病原性ウイルスには全体的に無効です(Huu S 2015) D)緑茶カテキンの項を参考にしてください。

2019-nCovコロナウイルスにはHIVたんぱく質が挿入されている。と発表がありました。P. Pradhan(2010)1/31 bioRxivジャーナル、Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike protein to HIV-1 gp120 and Gag https : //doi.org/10.1101/2020.01.30.927871

 論文では1)コロナウイルス(2019-nCov)が自然界に偶然生まれたものと考えることは困難だと述べています。HIVたんぱく質は4ヶ所に挿入されているとインドの科学者Prashant Pradhan氏は主張しています。(・2月13日現在この論文は著者によって取り下げられてます・・)  。ので、主張の要点を5つ残しておきます。2)HIVウイルスはリンパ球数を減少させます。エイズウイルスは(免疫不全を引き起こします、中国当局は1/31この肺炎は抗体が長時間持続しないものがある、抗体ができないので再感染する)3)SARSと近い祖先をコロナウイルスは共有している。4)すべてのタンパク質はHIVウイルスと一致した。5)新コロナウイルスはHIVとコロナウイルスのハイブリットの可能性がある。

短期間にコロナウイルスにSARSとHIVウイルスがハイブリット化して進化したとは自然にはありえない。論文を取り下げなければ重要な観測の一つだろう。他にも中国の研究者などが自然にはない痕跡があると発表している。比較的長期のコロナウイルス研究の背景があるので、コロナウイスル(武漢肺炎)は人工的に作られたウイルスで、HIVと(エボラとのハイブリッド;武漢患者の症状から)高い感染力をも地、致死率は低くない、感染治癒後に再感染発する生物兵器であるだろう。

コロナウイルスの改造や遺伝子編集は、防護服をきた高度な施設なしに行えず。ハイパフォーマンスWSや武漢研究所BSL4レベルか、その周辺から何らかの理由で漏れたか?  中国製造2025の拠点である武漢にダメージを与える? など・・・

抗HIVウイルス薬が武漢でも1例だけコロナウイルス感染した医師が使って翌日に治癒したともれ伝わってきます。タミフルとの併用も効果があったと言われます。

 ここではヒト免疫力の低下への対抗策としての食事と栄養、サプリメントのエビデンスをスケッチしてみます。コロナウイルスの抗HIVウイルスの阻害はリスベラトロール、緑茶カテキン(主成分EGCG)、シナモンが挙げられます、また、アルコール消毒よりも緑茶カテキンによる手洗い=生活防衛についてのべます。

A)リスベラトロールはぶどうに含まれます、CD4 T細胞のHIV -1感染は、レスベラトロールがHIVウイルスの主に逆転写段階を低マイクロモル用量で完全にブロックします、抗HIV効果は粘膜部位でのウイルス伝播中とその後の急性複製とT細胞の枯渇中に役割を果たします。次に、レスベラトロールは、単純ヘルペスウイルス1と2、パピローマウイルス、重症急性呼吸器症候群ウイルス(PRRSV)、インフルエンザウイルスなどの、ウイルス複製を阻害します(Chan CN 2017)。、レスベラトロールは、抗酸化物質や抗変異原物質として、フェーズII薬物代謝酵素を誘発でき、抗炎症作用はシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害するので。COXを阻害することで炎症や痛みを抑え、熱を下げルことが期待できます。

 

B)緑茶カテキン(EGCG)  緑茶フラボノイドエピガロカテキンガレート(EGCG)は、HIV -1 gp120がT細胞上のCD4分子に結合するのを防ぐことにより、抗HIV -1効果を持つ、緑茶EGCGがヒトCD4 T細胞に高親和性で結合し、ヒトCD4 + T細胞gp120結合は約10nmol/Lと低濃度で阻害されるという明確な証拠を示しました(Williamson MP 2006)。

 

HIVウイルスの茶カテキンEGCGによる阻害(Nakane H. 1994)

 

EGCGは主に、NNRTI結合ポケットと直接相互作用する現在承認されているメカニズムとは異なる、アロステリック逆転写酵素阻害剤として作用するようです。したがって、EGCGは、天然植物に由来する支持的な抗HIV薬としての使用に適した候補です(東北大 Li S、 2011Antivir Chem Chemother)

B)’茶カテキンはウイルス感染に対する免疫力を高めます。茶カテキンの抗ウイルス活性は実証されていますが、臨床的証拠は未定のままです。1990年代後半以降、いくつかの疫学研究により、緑茶を定期的に摂取することでインフルエンザ感染率と風邪の症状が緩和され、茶カテキンでとうがいをするとインフルエンザ感染の発症を予防できることが示唆されています。(静岡県立大 出井 2016 Curr Med Chem. )

つづき・・

 

C)メラトニン すぐ利用可能なエボラウイルスオブション メラトニンはNK細胞の細胞毒性を著しく増加させ、エボラ ウイルスの管理における有効性を示唆します。メラトニンはヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)を増加させ、エボラ ウイルス複製を阻害しますメラトニンは敗血症性ショックの場合にも保護作用があり、出血に対するメラトニンの効果は、主に炎症誘発性サイトカインの減少による、免疫応答を最適化する。メラトニンはエボラウイルス感染のリスクが高い人を保護する(Anderson G 2015) #Ebora virus。

C)’メラトニンは多くの実験的、臨床的研究で敗血症の治療に成功裏に採用されています。これらの要因に基づいて、現在利用可能な治療の数は限られており、使用可能な製品は豊富ではないため、エボラウイルス感染の治療にメラトニンを使用することが推奨されます。さらに、メラトニンは高い安全性プロファイルを持ち、容易に入手でき、経口で自己投与できます。したがって、メラトニンの使用は、大規模で重大な流行と互換性があります(Dun-Xian Tan 2014)#Ebora virus。

D) 緑茶カテキン(EGCG) 強力な候補は緑茶ポリフェノール、特にEGCGとその親油性誘導体です。現在の手指消毒剤の弱点は緑茶カテキン(EGCG)とその親油性誘導体の抗ウイルス活性を生かした、特に病原性ウイルスに対する疾患予防の新戦略としてのこれら使用を推奨するアルコール殺菌はノロウイルス、狂犬病ウイルス、ポリオウイルスなどウイルスに対して無効です。エボラウイルス、重症急性呼吸器症候群(SARSウイルス、中東呼吸器症候群(MERSウイルスなどの新興致死ウイルスの発生は、効果的に制御されない場合、流行やパンデミックに至る可能性があり、人体へのウイルスの侵入を防ぐための現在の防御は、手と指を覆う皮膚の表面を洗浄することで、ウイルスを含む微生物に対する表面保護と消毒は、石鹸と水で手洗いして皮膚表面を消毒することによりますが、表面消毒剤、手指消毒剤、特にアルコールベースの手指消毒剤は病原性ウイルスには全体的に無効です(Huu S 2015) 。病原性ウイルス感染から人間や家畜を保護する、広く効果的、長期・持続的、非毒性で、かつ環境に優しい緑茶カテキンを使った新しいアプローチが必要とされます。市販緑茶飲料ボトルを水1/2程度に薄めて、手指の消毒に使えます。室内加湿器に粉末茶カテキンを0.2g/1.5Lで一晩湿度を調整します。マスクに緑茶粉末を2L飲料ボトルに入れ乾燥させてもカラフルな感じになります。ウイルスをブロックします。霧吹きに入れてドアノブ、手摺、台所、トイレなどの殺菌に有用です。#Ebora virus

 

 

 

 

 

 

べにふうき緑茶粉末 IBX

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A8%E8%88%88%E6%A5%AD-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E7%B7%91%E8%8C%B6-%E3%81%B9%E3%81%AB%E3%81%B5%E3%81%86%E3%81%8D-%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%94%A3-1-2g%C3%9760%E5%8C%85%E5%85%A5/dp/B00HS38E1E

 

アベェスエ (アンテナショップ) べにふうき緑茶粉末

https://item.rakuten.co.jp/light/c/0000000184/

 

 

 

履歴

追加     2020年2月14日

修正      2020年2月13日

投稿         2020年2月1日


武漢肺炎(2019-nCov)の食事と栄養対策(1)

武漢肺炎(2019-nCov)の食事と栄養対策

武漢のインド人700人は誰一人コロナウイルスにかかっていなかった。(Q情報 Twitter2/12) ターメリック、カレー情報

武漢肺炎2019-nCovの特徴 SARSの時大きな被害・死亡を出した後に台湾の独自の早期情報収集と分析体制ができている。金に目が眩んで、中国にヨイショする安倍・自民N派などとは大違い、外務省・日本政府は武漢肺炎対策の初期行動が遅れ、日本国民の生命財産にとんでもない損害を与えている、即刻退陣せよ、マスコミも嘘が95%同罪。 ここでは2002-3年SARSの時1775名の感染者、386名死者(致死率11%)の経験を生かした台湾当局の集団感染情報収集、2019-nCov遺伝子の分析と対策 、Lancet 2020の主要点を参考に食事と栄養で対応を提案します。

武漢肺炎(新コロナウイルス)2019-nCovの相同性・台湾当局の分析結果

1)こうもりSARS 87.6% (ニパウイルス) 2) SARS 75% 3)MERS 52.5% に類似している。急速な2次集団感染・拡大を起こす可能性があるウイルス。

2)無症状の感染が考えられるため、できるだけ早期に患者を隔離し、接触を追跡および隔離することが重要。 Jasper Fuk-Woo Chan ,Lancet (2020) 1/24 https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30154-9/fulltext

対策  国民への呼びかけ

1) 野生動物と接触しない

2)サージカルマスクをかける。(N95マスク、外科手術用マスク)

3) 口や鼻からの分泌物を適切に処理する(唾を路上にはかない)

4)手洗い、イソジン、ポンピドンヨードで頻繁にうがいする。

5) 漂白剤100倍液 家具や台所(5000ppm) 6)同10倍液 浴室、トイレ(500ppm)

6)自家用車・自動車を洗浄する。

7)ステンレスでも感染する。

8)人から人への空気感染をする (Lancet 2020)←エアルゾル感染遠方まで伝播する。中国当局は、エアロゾル感染は新型コロナウイルスを含んだ飛沫が空気中で微粒子となって、遠く飛ばされ、これを吸い込むと感染すると説明した。このエアロゾル感染は新型コロナウイルスの伝播能力を反映している(薫宇紅 ウイルス学者SunRegen Healthcare AGで首席科学官2/13大紀元インタビュー)

うがい薬、イソジン、ポンピドンヨードは下記の図のような製品が販売されています。付属の計量カップで適量に希釈します。うがいの時は奥まで入れてゴロゴロと10数秒程度、適時の伸ばす。(または、緑茶飲料を1/2に希釈して使ってください。緑茶カテキンべにふうき茶については”食事と栄養対策(3)-ACE2が受容体 武漢肺炎”をご覧ください。)紅茶も良いです。ミルクは入れずに飲むと良い”食事と栄養対策(4)を参考にしてください。

うがい薬と希釈水(天然水・日田天領水など)

いつ、どのように手を洗うか

手洗いは、自分自身と家族を病気から守る最良の方法の1つです。健康を維持するためにいつ、どのように手を洗うべきか (CDCの手洗い方法)。(緑茶飲料1/2で洗う、うがいする・・紅茶もoK)

健康を維持するため頻繁に手を洗う

  • 食事準備中に、その前に手洗いしてから食べ物を準備します
  • 食べ物を食べる前に手洗いをします。
  • 嘔吐や下痢の自宅療養中の病気では後に手洗いします。
  • カットや傷の治療ので手洗い。
  • トイレ使用に手洗い。
  • おむつを取り替えた後、又はトイレを使った後に手洗い。
  • 自身の鼻をかむ、咳、やくしゃみの後に手を洗う。
  • 動物、動物の飼料、動物の排泄物に触れた
  • ペットフードやペットのおやつを扱った
  • ごみに触れた
蛇口の下で手を洗う

5つの手順で、正しい方法で手を洗います。

手を洗うのは簡単で、細菌などの拡散を防ぐ最も効果的な方法の1つです。きれいな手は、家や職場から育児施設や病院に至るまで、ある人から別の人へ、そしてコミュニティ全体に細菌などが広がるのを防ぐことができます。

毎回、5つの手順に従ってください。

  1. きれいな流水(温水または冷水)で手を濡らし、蛇口をオフにし、石鹸を塗ります。
  2. 石鹸で手をこすって手を泡立てます。手の甲、指の間、爪の下を泡立てます。
  3. 少なくとも20秒間手をこすります。タイマーが必要ですか?「ハッピーバースデー」の歌を最初から最後まで2回歌います。
  4. きれいな流水で手をよくすすぎます。
  5. 清潔なタオルを使用して手を乾かすか、風乾します。

  CDC https://www.cdc.gov/handwashing/when-how-handwashing.html

パンデミック保護具 

1)エプロン 使い捨て、2)抗菌処理済みの布地 3)靴カバー(防水) 4)ガムテープ 5)カプセルスーツ又はタイベックスシーツ 6)ゴーグル 7)手袋(厚め9m/m) 保護具、薄い手袋(4m/m出ない方が良い) 7)マスク N95 →医師がサージカルマスクでも感染してます、防毒マスクレベルのもの)自分の飛散どめ程度と割り切る。8)ゴム長 (防水のもの) ( ・・・・ )

パンデミック保護具こんな感じ ワークマン、ホームセンターなどで購入

外出時の注意

1)エレベータのボタンで感染する(台湾SARSの経験談から)ドアに触れた手で顔や鼻に触れないこと(新コロナウイルスは金属、ガラス、プラスチック塩ビ、ステンレス、セラミックタイルで最大9日間持続できる  70%エタノールで1分以内に表面を効率的に不活性化する。 Kampf G 2020 2月6日)

2)外出時は毎回洗濯した手袋を使う(手すりを使ったりするので)。顔に手を触れない、顔に触れる前に必ず手を洗う。

3)マスクをしなくても、1)2)に気をつけて、感染しなかった経験がある。(台湾SP10350)

食事と栄養で免疫力を高める食事をする。ウイルス、細菌、病原菌を大幅に減らすエビデンスのある食材を使う。武漢のインド人700人は誰一人コロナウイルスにかかっていなかった。(Q情報 Twitter2/12)

A) 呼吸器最近など病原体に対する食事にはシナモンとターメリック、緑茶カテキンなどの摂取を進めます。これらスパイスやエッセンシャルオイルのインフルエンザウイルス、肺炎菌など13種を評価して、抗菌性や抗炎症性等が、短期間のうちに(1-2時間)抗菌性を低濃度で抑制する 最小阻害濃度は0.01〜0.156%(v / v)。主成分はシナモン、タイム(文献シナモン LeBel (2019) Arch Microbiolブタ呼吸器系感染の効果。ターメリック(クルクミン) (Du T 2017) 呼吸障害症候群ウイルス感染(PRRSV)を クルクミンのPRRSV感染阻害はウイルス株に依存することなく、ウイルス内在化とそれによる細胞融合によって阻害する(阻害濃度10-15μM写真下図C右参照)。さらに、緑茶カテキンの主成分EGCGはPPPSVを阻害し、インフルエンザウイルスの細胞結合をブロックすることで感染を大幅に減らします(Ge 2018) 。

シナモン (ギャバンなど)、ターメリックパウダー(カークランド社、ギヤパン)、粉末緑茶べにふうき BISなど各社製品があります。(業務ショップ、COSTCO、ネットshopなど)

B) 免疫力を高める食事づくり。

新コロナウイルスにはヒトの免疫力(リンパ球を減少させる。

 これは新コロナウイルスにHIV部位があることがその理由です(ウイルスシリーズ:食事と栄養対策(2)・HIVを挿入していた武漢肺炎(2019-nCov)をみてください) 。そのため、非常に困難な中迅速に投稿された武漢病院の138名症例70%がICU行きになり重症化している、感染患者の30%はリンパ球数の減少はありません(JAMA2020)。そこから、防衛が突破された場合でも、免疫力を高めるには抗酸化能を高く維持することは新コロナウイルスの軽度、中等度止まりを期待した、回復の可能性を残す食事が検討されます。

 抗酸化力の高い食事4400 (ORAC)とることで、日々の体内の酵素タンパク質の設計図遺伝子DNA損傷が約20%減少します。(S.Kanaya 2008) 、その時ORACは炎症性に関わる遺伝子NF-kBを抑制します。活性酸素を消去することで健康を保つことができます(Maruro C(2011)、京大牧野 +ハウス食品(株)2019)。さらに、我々体内にはP53遺伝子やNrf2遺伝子という免疫をリードし高めている主役がいます。これらでORACの高い食事と栄養で活用して小分子ウイルスの付着阻害とウイルスRNAの逆転写によるDNA乗っ取りを阻害をましょう。

新コロナウイルス(COVID-19) は免疫抗体が長時間持続しないと中国の医師は語ってます。ターメリックはとHIV -1,HIV -2感染の両方を抑制し、その50%阻害有効濃度は1.6と2.0μMと低濃度です(Li S 2011)(一般の食事は1650 ORAC程度です) 。また、ターメリック(クルクミン)は病原性細菌黄色ブドウ球菌の気道上皮細胞での炎症を40μM 以上で、強力に抑制する。(Nirai C 2019熊本大)

C) 例カレーを作る ターメリックやシナモンなどスパイスを20-30%少し多めに入れることでORAC (普通は3600 ORAC)は高くなります。タンパク質は体重の1/100とる。(体重60kgのかたは60g/日です、プロティーンスコアー100で計算する)、取れてますか? そして魚や海藻類、人参や野菜やサプリメントでビタミン・ミネラルを満遍なくとる。ビタミン、ミネラルが不足すると先食いすることによって、現在を生き延びるように設計されているようです。何故、3大栄養素以外にビタミン・ミネラル、そして抗酸化物質をとるのかについて説明します。例、Se(セレン)、Zn(亜鉛)、Cu(銅)は抗酸化酵素のキー元素です、免疫システムの一翼を担います。これらが欠乏すると病原菌、細菌等に弱くなります。Seが不足すると、将来の寿命に使う分のセレン酵素を節約して、生存のためにSe酵素を使ってしまいます。こうして、Seが不足すると寿命が短縮されるのです(Aemes N 2011)。

(ORAC=活性酸素消去能 単位はTrolox/g、ORAC 4400 Trolox/g)

カレーにシナモンやターメリック、クミンなどを多めに入れる。  

ターメリックをライスに入れて炊き込む。

カレーうどん ターメリック、シナモン、カレー粉 緑茶ゼリー(前日・増粘剤)

D)緑茶+ビタミンC+セキュレル(又はカスピ海ヨーグルトなどによる腸内細菌の正常化)インフルエンザウイルスは緑茶主成分のEGCGが、感染前や感染後に投与されたかどうかにかかわらず、 ブタ繁殖・呼吸障害症候群ウイルス(PRRSV)感染とブタ肺胞マクロファージ(PAM)の複製を効果的に阻害した。ブタはトリとヒトインフルエンザの両方が感染する中間宿主とされ、緑茶主成分EGCGで処理されたウイルスの感受性細胞への結合をブロックした。インフルエンザウイルスの細胞結合をブロックすることにより、PRRSVが感染するのを大幅に防ぐことができることが実証された(Ge 2018)。EGCGはHIV-1ウイルス糖タンパク質gp120が免疫T細胞上のCD4分子に結合するのを防ぐ。様々なウイルスを阻害する。抗HIV効果の濃度は5.8μMol/Lであり、60倍濃度で飽和する(Williamson MP 2011)。ウイルスの付着、侵入、膜融合と感染の初期段階を阻害する可能性が高い(Kaihara K 2016)、小分子のウイルス 付着阻害EGCG50%、EC (エピカテキン)80%阻害 (Che C C 2014)

緑茶をインフルエンザウイルス防御に使った例。緑茶カテキンはインフルエンザウイルスの細胞感染時にHA受容体に結合し、細胞感染の初期段階、膜融合段階で阻止する、これに加えて、茶カテキンはウイルス感染した細胞のアポトーシス誘導効果によりねウイルス感染後の感染細胞を除去する可能性がある。(宮本、鈴木 参考1)これまでインフルエンザウイルスや風邪に短期間(最短3日〜2週間程度)で有効でしたので試みてください。ビタミンC2000mg+緑茶カテキン 600mg、カスピ海ヨーグルトかセキュレル)を2時間おきに飲む、カテキンは正常細胞の保護 (+セキュレル又はカスピ海ヨーグルト)、 粘膜保護にはビタミンAとCを取り、緑茶カテキンは200ppm程度で大腸菌などにも殺菌作用があり、高齢者腸内細菌、硫化物の改善にも有効です(K.Goto S.Kanaya(1998)Nursing Home Medicine)。

コロナウイルスの免疫機構破壊にはSTLING-interferon 経路の活性化が重度の自己免疫疾患に関連している(Cell Host& Microbe)。これがヒト体内の抗ウイルス免疫機構を弱めている。コウモリが運ぶ病原菌(SARSなど)はコウモリ体内に病原菌の大きな貯蔵庫との間でバランスをとっているので病気にならない(Peng Zhou 武漢研究所) 。と言われている。なのでSTLING-interferon 経路を抑制する働きがあるものが、感染に対する免疫力を強化できるのではないかと考えている。

参考)ターメリック(クルクミン主成分) のPRRSV阻害 Du T (2017) BMC Res.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5633875/figure/Fig6/

食事例 カレー、ターメリックライス

参考 

抗菌、抗ウイルス作用 茶の機能 (宮本大誠、鈴木康夫)学会出版センター  

クルクミンは逆襲する http://antioxidant.wp-x.jp/archives/901

抹茶はがん予防に効果的 http://antioxidant.wp-x.jp/archives/1091

NID国立感染症研究所SARS 国別報告          https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/414-sars-intro.html

メグビー(株) ビタミンA  https://www.megv.co.jp/products/detail.php?product_id=11

メグビー(株) タンパク質 (プロティーンスコア) :https://www.megv.co.jp/kouza1e/protein.php

米国特許 CORONAVIRUS

 

 

 

 

 

履歴

追加修正 2010年2月17-18日

追加修正 2010年2月12日

投稿   2020年1月29日

 

#ORAC #シナモン #ターメリック #緑茶 #EGCG #武漢肺炎 #2019-nCov #pandemic


抹茶はがん予防に効果的

 
茶カテキンはデトックスや体脂肪改善、抵抗力をつけるといった健康面での効果で知られているが、英国でこのほど行われた新たな研究により、がん予防の潜在力も秘めていることが分かった。生命時報が伝えた。
がん幹細胞は分裂と自己更新を続けることで、すべてのがん細胞に転化できる。英サルフォード大学の研究者は実験により、抹茶抽出物が乳がん幹細胞のミトコンドリア(細胞のエネルギー補給所)の新陳代謝を抑制し、細胞のエネルギー補給を阻止することを発見した。またがん細胞のリボソームを減らし、タンパク質を合成しにくくすることで、がん細胞の活性度を落とし徐々に死に至らしめる。
研究の責任者、サルフォード大学のマイケル・リサンティ教授は、「抹茶がヒトの乳がん細胞に与える影響は非常に顕著で、その活性成分が一部のがん細胞拡散の信号ルートを遮断する効果は、外科手術に似ている」と指摘している。研究者は、将来的に抹茶を食事の補助剤とし、がん予防の大きな潜在力を発揮したいとしている。(編集YF)
「人民網日本語版」2018年9月29日 http://j.people.com.cn/n3/2018/0929/c95952-9504906.html
 
 
Bonuccelli , F. Sotgia , MP. Lisanti   Aging 2018 ,10(8)1867-1883
Matcha green tea (MGT) inhibits the propagation of cancer stem cells (CSCs), by targeting mitochondrial metabolism, glycolysis and multiple cell signalling pathways Gloria 
 
 
1)抹茶はMCF7がん幹細胞(CSC)のミトコンドリア代謝(OXPHOS)を劇的に減少させる、解糖系グルコースやケトン体エネルギー補給の両方を阻止する。そしてがん幹細胞を静止した代謝状態に移行させる(濃度0.2mg/ml以下  IC50)。しかし、正常繊維芽細胞のミトコンドリア代謝にはほとんど影響を与えない。
2)抹茶はがん幹細胞の特定ミトコンドリアタンパク質と解糖酵素を低下させる。そしてこの代謝シフトに関与するシグナル伝達経路を探索mTORシグナル経路に強く影響することを発見した。これは抹茶がラパマイシンのようなmTOR阻害剤として副作用がなく使用できる興味深い結果である。
3) 抹茶が抗酸化応答、細胞周期調整、インターロイキンシグナル伝達を含む他の主要経路が影響を受けた。結果は、がん幹細胞の代謝リプログラミングを媒介することにより、有意な治療可能性を有するとの考えに一致する。
 
抹茶(MGT)はMCF7乳がん細胞の解糖を阻害した。(P<0.05   t-test)
抹茶Grade AAA (100%抹茶) の栄養成分 
  ORAC Score  2140〜3170 unit/g ,  EGCg   67mg/g・・
  
 
関連1  ケトン体が腫瘍の増殖と転移を積極的に促進することはすでに確立している。(Ozsvanri B ,Lisant MP 2017 Oncotarget)
関連2  がん幹細胞の同定と根絶の代謝戦略 (De Francesco EM,Lisant MP  2018 Biochem J)
 
 
 
 
       著者紹介
MICHAEL LISANTI教授(Salford大学)
2009年 Thomas Jefferson大学幹細胞生物学と再生医療学科 Chairman。
American Journal of Pathology 元Chief Editor。
マンチェスターMuriel Edith Rickman乳房腫瘍学の元Chairman
 
まとめ
抹茶を生かしたがん予防には抹茶とクルクミン2g/日(Curcumin スパイス)a)、NAC600mg-1800mg/日(N-Acetyl Cysteine 栄養補助食品)が潜在力を発揮するかもしれない。
NACなど抗酸化物質にはLisant教授の逆ワールブルク効果の研究がありb)、クルクミンは細胞増殖サイクルのストッパーが抹茶や緑茶のG1と別の場所になり2重になる。
 
a)がん悪性腫瘍の根本原因にウコンエキス(クルクミン)が逆襲する: http://antioxidant.wp-x.jp/archives/901
b)逆ワールブルグ効果 : http://antioxidant.wp-x.jp/逆ワールブルグ
 

林 原ライフセミナー 介護食にトレハ活用  日本食品化学新聞

林 原ライフセミナー第一回「健康・長寿のための食事作り最前線」をテーマ

   生活習慣病やQOL向上のための嚥下食及び介護職の調理提供方法に関する最新情報についてのもので、林原本社の拠点岡山県で行われた。家庭において介護食を作る人の他、管理栄養士、看護婦、介護し、調理師、介護食品関係者など200人が参加した。

基調講演は金谷節子氏(金谷栄養研究所所長) 

  嚥下食・介護食を食べる人が美味しくむせることなく楽しむためには、食事、睡眠、排泄の三つが大切である・・嚥下食を美味しく作るにあた理、嚥下食の難易度が高い順に、ゼリー食(レベル0 ; L0)、重湯ゼリー(レベル1,レベル2 ; L1, L2)、ゼラチン粥(レベル3 ; L3)、介護食(レベル4; L4) 、普通食(レベル5; L5)と6段階に分ける嚥下食ピラミドを提唱している。・・嚥下食をゼリー上に調理・加工する際にはむせや窒息を防ぐことができるゼラチンのような体組成と同じたんぱく質を使用すると良い、また、保湿性に優れ、たんぱく質変性を抑制するなど様々な機能を持つトレハロースは介護の現場でも重要な役割を果たす。

福島芳子 (谷口内科・管理栄養士)

  高齢者の糖尿病患者が家庭でも美味しくたべれる調理法として家庭版低温真空調理を提案、同方法を使った、メリットとデメリットを述べた。また、トレハロースを用いることでインスリン過剰分泌の抑制や糖尿病の合併症の一つである歯周病による炎症反応などを抑制する効果があることを明らかにした。

佐藤奈都子 (林原・管理栄養士)

  トレハロースの代表的な7つの機能性を中心に詳しく解説した。

 

 


第4回介護食品(スマイルケア食)コンクール マルハニチロが農水大臣賞 日本食糧新聞

 日本食糧新聞社主催、農林水産省後援の「第4回介護食品(スマイルケア食)コンクール」(協賛=伊那食品工業、日清オイリオグループ、林原、マルハチ村松、特別協力=中央化学)が9日、東京都品川区の中央化学東京オフィス・ショールームで開催され、マルハニチロの「New素材deソフト いか」が農林水産大臣賞を受賞した。今回から「食事・料理部門」を新設し、全6部門で52社94商品の応募があった。メーカーや卸売業などで介護食品に携わる22人の審査員の試食による第1次審査を経て、31商品を選出・・・ 

[全文は電子版会員登録を]  

日本食糧新聞 2018.03.12 

第4回介護食品(スマイルケア食)コンクールの入賞作品は4/11-13東京ビックサイト第21回ファベックスの「スマイルケア食 提案ゾーン」(審査委員長 金谷節子)で紹介されます。


全国6施設の紹介と認知症患者への中鎖脂肪酸栄養介入研究の概要結果

第21回 日本病態栄養学会 年次学術集会1月12日〜14日京都 

国立京都国際会館
〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池

全国6施設の紹介と認知症患者への中鎖脂肪酸栄養介入研究の概要結果

 

演題名:
認知症患者への中鎖脂肪酸栄養介入研究

 

金谷節子1、川西秀徳2、中山辰巳3、須藤郁子3、後藤幸一4、湊満子4、赤池克子4、横田三夏5、井上雅彦6、市川禮子7、土谷千津子7

1金谷栄養研究所、2社福)市原療(京都市)、3青森社会福祉振興事業団特養みちのく荘、

4社福)十字の園(浜松市)、5女川地域医療センター(宮城県)、6社福)潤生園(神奈川県)、

7社福)きらくえん(神戸市)

抄録本文:

【目的】超高齢化社会を迎え、認知症患者は増加傾向を示し、社会的費用は14兆5000億円(厚労省2015)であり、その予防と治療は緊急課題となっている。米国Mary T. Newport医師は若年性アルツハイマー(AD)の夫にココナツミルクを30ml・日与えた、認知症スケールの改善を見た。金谷らは(株)ツクイ浜松大平台デイサービスのアルツハイマー患者(AD)に対し、中鎖脂肪酸油MCToil;Medium Chain Triglycerides15mlを週3回与え、改善された事を報告した(日本栄養改善学会2016)。今回、多施設による栄養介入研究を行った。

【方法】全国6施設で、認知症軽・中等度に対しCase Control studyを実施。年齢は±5才以内、Case群にMCToil(日清オイリオ社製)15ml・日を食事に添加。Control群はエネルギー量を調整した食事とした。評価項目は年齢、介護度、身長、体重、左右握力、認知症スケールテストMMSE;Mini-Mental State、時計絵画テスト CDT; Clock Drawing Test、エネルギー、たんぱく質、脂質、治療薬剤名と量、期間は2ケ月間。統計処理はカイ自乗検定、Fisher’s 直接確率検定でp≦0.05以下を有意とし、SPSS E. ver10.0.8 Macを使用した。

【結果】認知症患者63名、ADは41.3%。Case群が85±5.9才(n=41)、control群86±5.2才(n=22) 、女性54名、男性9名。有意差のあったものは介護度(p≦0.01)、体重(p≦0.01)、MMSEに有意差はなかった。CDTでは直接確率法両側検定case2.5±2.6→3.1±2.9 control 3.1±3.2→2.5±2.9 (p≦0.043)で有意差が認められた。

【考察】中鎖脂肪酸MCToilがケトン体;脳の代替エネルギーとなりCDTを改善したことが示唆された。高温調理、高AEGs含有食品はADの重要なリスク要因となる(Abate 2017 Oxid Med Cell Longev)、高炭水化物食を避け、MCToil ゃω3やDHA、緑茶EGCG、リスベラトール等の抗酸化能の高い食事が認知症対応の食事として期待される。

 

栄養介入研究参加施設・全国6施設の紹介

2社福)市原療(京都市) http://www.itihara.or.jp/

 

3青森社会福祉振興事業団特養みちのく荘 https://www.michinokuso.jp/facilities/index.html

 

 

4社福)十字の園 (浜松市)  http://www.jyuji.or.jp/
日本初の特別養護老人ホーム1号 敗戦日本の高齢者をドイツ・ハニーウルフ姉妹が支援して設立

 

5女川地域医療センター(宮城県) http://onagawahp.jadecom.or.jp/

 

6社福)潤生園(神奈川県) http://junseien.jp/feature/

 

 

7社福)きらくえん(神戸市) http://www.kirakuen.or.jp/

 

 

 

 

 


第50回食品産業功労賞受賞者決まる 生産5・技術2・流通5・特別3人を顕彰 日本食糧新聞社

第50回食品産業功労賞受賞者決まる 生産5・技術2・流通5・特別3人を顕彰

 

7月27日に東京・明治記念館で開かれた第50回食品産業功労賞選考委員会

金谷栄養研究所所長・金谷節子が食品産業功労賞・特別賞に決まりました。

 日本食糧新聞社制定・農林水産省後援による第50回(平成29年度)食品産業功労賞は、生産部門5氏、技術部門2氏、流通部門5氏、第50回を記念した特別賞3氏に決まった。贈呈式と祝賀会は11月10日午後2時から明治記念館(東京・元赤坂)で、食品産業功労賞・顕彰50回を記念し「食品産業への功労貢献者を称える会」としてこれまで受賞された609氏をたたえ、盛大に開催される。
 第50回食品産業功労賞選考委員会は、7月27日に明治記念館で開かれた。選考では全国8地域の29人の既受賞者による・・・

[その他一覧 ]

 

第50回食品産業功労賞受賞者決まる 生産5・技術2・流通5・特別3人を顕彰(2017.09.11)
ヤマト運輸、FSSC22000取得 物流で世界初(2017.09.11)
味の素社、シニア向け栄養食品加速 高齢者の課題解決へ(2017.09.11)
明治、在宅介護向け高付加4品発売 低栄養リスク啓発へ(2017.09.08)
キリングループ、新ブランドで健康事業強化 プラズマ乳酸菌活用「iMUSE」(2017.09.08)

 

日本食糧新聞社  http://antioxidant.wp-x.jp/wp-admin/post-new.php

 


日韓第3回国際経済連携 医療介護ラウンドテーブル報告書

image
日韓第3回国際経済連携医療介護ラウンドテーブル
image
日韓第3回国際経済連携医療介護ラウンドテーブル報告書

実施概要

%e6%97%a5%e9%9f%93%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e7%b5%8c%e6%b8%88%e9%80%a3%e6%90%ba1

%e6%97%a5%e9%9f%93%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e7%b5%8c%e6%b8%88%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%80%80%e5%8c%bb%e7%99%82%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%86%e3%83%bc

 

 

 


がん悪性腫瘍の根本原因にウコンエキス(クルクミン)が逆襲する

 これは毎日見かける食事の中でも、注目されていたウコン(ターメリック主成分クルクミン)とブロッコリー(成分スルフオラファン)が、がん幹細胞を死滅させるという論文と関連記事です。がん化学療法では娘細胞は死ぬが、がん幹細胞は死なずに抵抗性を獲得して、化学療法や放射線療法を無効化してしまうと関連記事でグレーガー医師は述べている。死なないがん幹細胞をクルクミンはマイクロRNAを駆使して標的にする。という論文です。ウコン(クルクミン)と緑茶カテキン(EGCG)とは親しくなりたいものです。それにブロッコリーを日々食事の中に取り入れることは、大切になりそうですね。

Targeting cancer stem cells by curcumin and clinical applications.
クルクミンでがん幹細胞を標的とする臨床応用

(和訳)
 クルクミンは、よく知られている食物性ポリフェノールでウコン根茎由来のインドスパイスです。クルクミンの抗がん効果は、多くの細胞および動物実験で実証されており、最近の研究は、クルクミンががん幹細胞(cancer stem cells ;CSC)をターゲットにする。CSCは、がんのイニシェーションやがんの維持に関与し、再発および薬剤耐性に寄与することが示されている。
 クルクミン研究の多くが示唆していることは、 CSC自己再生経路(Wnt/β-catenin, Notch, sonic hedgehog)とEMTの獲得に関わっている特定マイクロRNA(miRNA)の調節を介してCSCを標的とする可能性を秘めている。
クルクミンを単独で、または他の抗癌剤との組み合わせて、CSC上昇の潜在的な影響を評価した。また、クルクミンの安全性と寛容性は数多くの臨床試験によって十分に確立されている。重要なことは、低濃度で生物活性能力を持つクルクミンは劇的に構造類似体または特殊製剤によって改善されている。がん予防と治療では、この有望な薬剤の有効性を調べるために臨床試験が行われている。
 レビューは、クルクミン CSC自己再生経路と特定miRNA上の効果だけでなく、最近のヒト試験で、安全性と有効性の効果を確認した。結論として、クルクミンは伝統的ながん治療と非常に有望ながん治療に付加的に使われることが約束される。

Li Y, Zhang T
Cancer Lett. 2014 May 1;346(2):197-205.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Targeting+cancer+stem+cells+by+curcumin+and+clinical+applications.

がん幹細胞論文のDr. Greger医師の解説記事

・・・ 従来のがん治療は、本質的に良性腫瘍か非有害な娘細胞を死滅させる、同じ瞬間にがん幹細胞の数を増加させる、それゆえ代替治療アプローチは、今まで以上に必要とされている。

ウコンのがん幹細胞死滅の役割(クルクミン)

ウコンとクルクミン抽出物は広く種々のがん細胞株を死滅させる能力について研究されています。:実際に、文献で は、(参照 ウコンは600以上の健康上の利点があります。それは、安全で効果的かつ手頃な価格の治療を必要としている多数の患者にとつて、ウコンの情報が与えられていないことは驚くべきことであり、がっかりすることでもあります。

新研究では、クルクミンが理想的ながん幹細胞(CSC)標的療法を含むいくつかの方法を識別、提供します。

CSC自己再生経路の調節:クルクミンは、がん幹細胞内の直接的、間接的な影響は少なくとも三つの自己再生経路、Wnt/β-catenin, Notch, sonic hedgehogWntのシグナル伝達経路が関わっている。著者は、積極的な影響を与えるクルクミンに12種の異なる癌細胞株をリストしている。

マイクロRNAの調節:マイクロRNAは短い非コードRNA配列で、ヒトゲノム中でタンパク質をコードする遺伝子の約33%を制御していて、その分解または不活性化につながるメッセンジャーRNA(mRNA)を標的に結合する。クルクミンは、腫瘍形成の強力な抑制を示唆している、そしてがん幹細胞をマイクロRNAの発現が変化させることが発見されている。

直接的な抗がん活性:クルクミンは、がん細胞を選択的に死滅させる能力を発揮するが健康な細胞は攻撃しない、従来の化学療法と併用すれば(いくつかのケースでは有害であったが)より効果的である。

研究者らは、クルクミンを使ったヒトがん研究で、すべての人間の研究の安全性および寛容性を評価し、心配になるような原因は見つかっていない。また、「クルクミンは、数千年間民間の自然療法として、十分に許容されており、臨床試験で有意な毒性を引き起こさない。」と指摘した

研究の結論:「クルクミン、並びにその改良剤(類似体またはナノ粒子カプセル化製剤)は、脳を含む神経膠腫、乳がん、食道がん、結腸がん、直腸がん、膵臓がん、In vitro、動物モデルの両方で、複数タイプCSCを阻害する大きな可能性を示した。クルクミンのいくつかの類似体(例CDF)、製剤(例ナノテクノロジーベース製剤)は、CSC様細胞および腫瘍における大きな成長阻害能力を示した。

(参考リンク)
1)三浦典正・鳥取大 ヒトマイクロRNA(miR-520d)は幹性誘導により肝がん細胞を正常な肝組織に誘導する  Scientific Reports http://www.nature.com/articles/srep03852

2)佐谷秀行・慶応大・先端医科研 がん幹細胞を正常細胞に変える方法を確立しがん完治を目指す!佐谷:がん幹細胞は、自己複製しつつ、がん細胞の供給源にもなる非常に未分化な悪性細胞です。普通のがん細胞は、化学療法、放射線、分子標的薬などで死滅しますが、がん幹細胞はこれらの治療ではたたくことができないため、がんの完治は難しいのです・・
Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2014.140618
http://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v11/n6/%E3%81%8C%E3%82%93%E5%B9%B9%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%82%92%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%82%92%E7%A2%BA%E7%AB%8B%E3%81%97%E3%80%81%E3%81%8C%E3%82%93%E5%AE%8C%E6%B2%BB%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%EF%BC%81/53497

3)マイクロRNA(miRNA)はR.C.Leeらにより1993年に発見された。 https://ja.wikipedia.org/wiki/MiRNA
– 発がんで蓄積するmiRNA-21が分解される仕組み解明 理化学研 
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140819_1/

4)がんの発生、進行および治療におけるがん幹細胞の役割の詳細については、関連ビデオ(英)
– ブロッコリーはがん幹細胞を死滅させる。http://nutritionfacts.org/video/broccoli-versus-breast-cancer-stem-cells/
– がん幹細胞講演:スタンフォード大学•メデイカルセンター I.ウイスマン教授https://youtu.be/vAA5wbo9xJI

 


比較研究 ビタミンACE、マルチビタミンは放射線を防御して命を救助する事が出来る。

宇宙飛行士や航空機パイロットは、高高度や宇宙を飛行するため宇宙線(電離放射線)に被爆します。この研究はそのような電離放射線より生成するフリーラジカルから簡易に防護する防護剤を研究している中から発見された貴重な見解です。 低LET放射線被爆の損傷効果はフリーラジカルが主体である、このため非常に寿命が短いフリーラジカル(nano seconds)が有酸素下で発生する。食物から体内に取り込まれて内部から低線量被爆する内部被爆に立ち入っていませんが、3.11福島第一原発の作業者や爆発によって飛散・被爆した市民などにも参考になるかもしれません。

1)フリーラジカルは様々な生体分子や遺伝子DNAの二重鎖切断、たんぱく質酸化や細胞膜損傷に作用することからDNAの酸化損傷は遺伝子変異や発がんを起こすものと評価されている。ビタミンCはアンチオキシダントでありDNAを防御する固いエビデンスが確立している(Ca i 2001)。

2) フリーラジカルはアポトーシスによる細胞死や組織損傷を起こす。

3)  放射線防護剤の開発には長期間と高価なコストがかかり、副作用があり限界がある。

結論として致死量のγ線を浴びても、ビタミンCを400mg/kg摂取すれば生存率は90%と高かったということです。このビタミンCの投与量は60kgの人で2.4g/日に相当します。自分の体重によって摂取量を計算すれば良い。簡単便利ですね。

Martazavi氏の注目すべき点は、これまで見られなかった非毒性の放射線防護に関するアイデアである。植物や動物が生体内合成しているビタミンCが、人間ではグルコースからビタミンCを合成する経路が無いために(進化の過程で退化してしまった) 植物から食事として摂取しなければならない。前もってビタミンCを400mg/kg摂取しておけば致死量のγ線14Gyを全身照射されても、有意に死亡を減少できる。具体的には、骨髄移植なよって24時間後40%は生存できる。

ビタミンCの高用量摂取は生命救助のために重要なものであると述べている、これまで印刷物や出版物に見られるような(推奨量といわれている、ビタミンC欠乏量から決められた推奨量100mg/日は、体重や運動量、状況によって幅があるものと考える)。放射線被爆にあっては、高用量のビタミンC投与であっても副作用はなかったと述べていることだ。具体的には、X線照射の時は前もってビタミンCを飲んでおくと(検査被爆による)フリーラジカルによる細胞死、遺伝子DNAの二重鎖切断、膜脂質過酸化を減少させます。また、MCF-7乳がん細胞の成長を防ぐサバイバル効果があり、ビタミンCは濃度依存的にフリーラジカルを消去し、強力に細胞生存の行動をとる。 ビタミンC高用量摂取と放射線防御を中心に述べたが、ビタミンA,C,E,マルチビタミンや複数ビタミン、多糖類やトレハロース(二糖類)、緑茶カテキンなど抗酸化の高い食事(ORAC食)をとることは、フリーラジカル、活性酸素を消去して放射線を防御し、遺伝子DNAの損傷(8-OHdG)を少なくすることができます。

VC400mg放射線防御

VitaminTable

Martazavi (2015) J Biomed Phys & Eng        http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26157731

 

 


2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近のコメント

    アーカイブ